ミカルディスで血圧の悩みを解消

血圧の悩みを解消する薬、それがミカルディスです。
人間の体内には血圧を上昇させてしまうアンジオテンシン2という物質が存在しています。
ミカルディスは、そのアンジオテンシン2の働きを抑制する作用があります。
そのことにより、血管が広がります。
また、水分や電解質も調整されますので血圧を下げることができるのです。

ミカルディスは高血圧症に効果があることはもちろんですが、血圧に関係している心不全等の一部の心臓病や、腎硬化症や糖尿病性腎症等といった一部の腎臓病にも効果があるとされています。

効果の持続時間が長いので、服用は1日1回で済みます。
通常、成人の場合は40mgを1日1回服用します。
但し、1日40mgの服用では効果が認められない場合は、1日最大80mgまで服用可能となっています。
その他、症状によって用量を減らす場合もありますから、服用は医師の指示に従って行う必要があります。

安全性が高いこともミカルディスの特徴です。
ですから、長期維持療法に適した薬だと言えます。

但し、まったく副作用がない薬は存在していませんから、当然、ミカルディスにも副作用はあります。
主な副作用として挙げられるのが、体のだるさ、めまい、頭痛です。
しかし、どれも徐々に慣れてしまうほど症状は軽いものなので、それほど心配する副作用ではないのです。

ただ、薬が効き過ぎると一気に血圧が低下してしまいます。
そのため、強いめまいや立ちくらみを起こす危険はあります。
実際に失神してしまったという報告もあります。
ですから、念のため、副作用には注意する必要があります。

とりわけ高齢者や夏季脱水時には注意が必要です。
また、血液透析中の人、減塩療法を厳重に行っている人も注意が必要ですし、利尿薬等、他の薬を併用している人も注意する必要があります。